■ 結婚・雇用調査について


結婚とは何だろう、結婚を婚姻とも表現をするが結婚とは単に夫婦になる事で婚姻は社会的に承認された夫と妻の結合と表現します。

 

婚姻の成立には日本法(民法)は、婚姻の成立には法律上の手続きを要求する法律婚主義を取っています。その要件として①当事者の婚姻意思の合致及び婚姻傷害事由の不存在が必要とされ、又形式的な要件として②戸籍法に基づく届け出が必要です。

婚姻に関する法的条件 

婚姻は誰でもいつでもどこでも自由に婚姻ができるというものでなく、一定の条件があります。

婚姻摘齢

日本では婚姻摘齢は男性が18歳以上、女性が16歳以上です。

重婚の禁止

配偶者のあるものは重ねて婚姻はできません。

再婚禁止期間

女性の場合前婚の解消、取り消しから以前は6カ月であったが、2016年6月1日に民法の一部改正する法案が国会で可決成立し100日となった。

近親者間の婚姻の禁止  

直系血族又は三親等内の傍系血族の間の婚姻の禁止、直系姻族間の婚姻野禁止, 養親子等の間の婚姻の禁止などが定められている。また未成年者の場合は父母の同意がいるとされている。

 

結婚調査はなぜ必要か、どのようにして行うか。

結婚調査必要性

①法的結婚条件をクリア―しているか

②婚姻前の不安を無くして、未来に希望を持てる結婚生活のため

結婚調査とは何を調べるのか、

○結婚相手本人の現在の状況について調査する。結婚相手の職業、人物、趣味関係、生活状況、交友関係、などを調べます。

○結婚相手本人の過去や経歴について調査する。結婚相手の学歴、結婚歴、離婚理由、子供の有無など過去経歴等について調べます。

○結婚相手の家族に関することについて調査する。結婚相手のご両親や兄弟姉妹などについて調べます。

 

一般社団法人やわらぎでは、現在も未来においても希望のある結婚生活を過ごせるようにと願って、結婚調査を進めてまいります。まずはご相談ください。

フリーダイヤル0120-653-090